ランキングトップ > ローヤルゼリーの歴史

ローヤルゼリーの歴史

ローヤルゼリーは日本では近年、栄養補助食品のサプリメントとして愛用され始めました。
しかしその歴史は古く、紀元前から色々な建造物の壁画などから人間とミツバチの関係が描かれているのが発見されています。
壁画などの情報からローヤルゼリーは古くから人間に愛されて使用されていることが発見されているのです。

その後も色々なところでローヤルゼリーは人間によって利用されてきたのです。

そしてローヤルゼリーとしてキチンと飲用され始めたのが1950年代のフランスです。
薬品として研究されながら、作られてその後ローマ法王が飲用して病気から奇跡的な回復をしたとされて様々な人にローヤルゼリーが認知されたのです。

そして1950年代後半には日本にもその情報は渡り、私たち日本人もローヤルゼリーの存在を知る事になったのです。
しかしローヤルゼリーのサプリメントが日本で流行をするのはローマ法王の奇跡的回復からすぐではありませんでした。

その後30年以上経って日本で一般の方もローヤルゼリーサプリメントを服用する事ができるようになったのです。
今では店舗、通販、インターネットショッピングなどで簡単に手に入る事ができるローヤルゼリーですが、その歴史は古くそして女王蜂の特別食というものなのでなかなか手に入りにくいものでした。

そんなローヤルゼリーが毎日続けて服用できるようになったので美容にも健康にも気を使って生活する事が出来るようになったのも古くからの歴史があるからなのです。

このページのTOPに戻る