ランキングトップ > 「更年期障害」とローヤルゼリーの関係

「更年期障害」とローヤルゼリーの関係

更年期障害は基本的には女性特有の病気。女性ホルモンが年齢を重ねるたびに低下し、閉経前後

に急激にバランスが崩れることが原因といわれています。更年期障害のストレスによって、自律神経失調症を引き起こす可能性もあります。

更年期は、閉経をはさんだ10年間ほど。更年期障害は閉経の兆候(月経不順など)があらわれはじめた頃に発症する場合が多く、一般的には45~55歳が更年期にあたりますが、30代後半から症状がみられるケースもあります。

更年期障害の主な症状
情緒不安定、不安感、イライラ、抑うつ気分など精神的な症状も多く、次の症状の強弱に大きく関わっています。
脈が速くなる(頻脈)、動悸、血圧の激しい上下、腹痛、微熱、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、多汗、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、不眠、疲労感、口の渇き、のどのつかえ、息切れ、下痢、便秘、腰痛、しびれ、知覚過敏、関節痛、筋肉痛、性交痛、生理不順 etc

更年期障害を発症した女性が抱えるストレスで、特に多いといわれているストレスが4つあります。

(1)子供が独立して母親としての役割が終わったという喪失感や孤独感

(2)閉経して“女性ではなくなる”という喪失感や拒絶感

(3)老化を自覚したり、親の病気、介護、死などに対する危機感

(4)老後の経済的なこと、健康に対する不安

ローヤルゼリーの効果は、女性ホルモン(エストロゲン)と同様の働きをするため、低下して乱れた女性ホルモンのバランスを整える役割を果たします。さらに、自律神経や女性ホルモン以外のホルモンバランスも整え、更年期障害にも有効といわれます。また、自律神経失調症にも効果的で、いつまでも若々しくキレイで健やかな毎日のサポートにもひと役買ってくれます。

このページのTOPに戻る