ランキングトップ > “女王蜂パワー”の源 ローヤルゼリー

“女王蜂パワー”の源 ローヤルゼリー

蜜蜂は、ひとつの巣におおよそ3万~4万匹住んでいます。このうち女王蜂は1匹のみ。その他の約95%がせっせと働くメス、いわゆる「働き蜂」で、残りが交尾だけが役割のオスだといわれています。

女王蜂となる蜂の卵は、“王台”と呼ばれる特別な部屋に産み付けられます。幼虫がふ化すると、働き蜂たちはここにローヤルゼリーをたっぷり運んできます。幼虫がローヤルゼリーのうえに浮いている状態になるほどです。

そもそも女王蜂は、卵の中にいるときは働き蜂と変わりません。幼い頃からローヤルゼリーを食べて育った蜂だけが、女王蜂へと成長するのです。働き蜂は、花粉や蜂蜜を食べて育ちます。

女王蜂は、一般の蜜蜂よりも2~3倍の身体で、寿命も30~40倍といわれています。毎日卵を産み続け、1日に1500~2000個、多い日には3000個以上の卵を生むこともあります。

ひとつの巣で集団生活をおくる蜜蜂の一族が繁栄するか否かは、女王蜂の産卵するチカラにかかっているため、女王蜂のまわりには常に働き蜂たちがいて、ローヤルゼリーを欠かすことなく運んでくるのです。

女王蜂は生涯ローヤルゼリーだけを食べ続けます。多くの栄養素が凝縮されたローヤルゼリーは、蜜蜂が生んだ“食の最高傑作”で、驚異的な生命力と出産力を併せ持つ“女王蜂パワー”の源なのです。

このページのTOPに戻る